クレンジングジェルとクレンジングオイルの違いについて

クレンジングにはいろいろ種類がありますが、クレンジングジェルとクレンジングオイルの違いはどのようなものがあるのでしょうか。

基本的にファンデーションなどの化粧品は、油分を多く含んでいるものがとても多くなっています。油分というのは水をはじきますが、同じ油分にはなじむという性質があります。

クレンジングオイルはこの性質を利用して、素早くメイクに馴染むクレンジングになっています。クレンジングオイルはこのように素早くメイクオフすることができる反面、海面活性剤などが入っていて肌に対する刺激が強いと言われています。

また、人によってはべた付きが気になるという場合もあるようです。

一方、クレンジングジェルは、基本的にはオイルクレンジングに似た働きを持っています。手に取った時はジェル状になっていますが、肌に乗せてマッサージをすることでオイル状に変化します。初めから液状ではないため、ジェル状のクレンジングジェルをマッサージをしながら馴染ませるため、汚れが浮き上がったタイミングが分かりやすくなります。洗浄力はオイルよりはやや劣るようですが、優しく扱わないとクレンジングができないため、肌に余計な負担をかけにくいようです。