自分に合ったスキンケアをしましょう

私は元々肌質が良い方ではなく、体調不良がすぐに肌に現れる、脂性、毛穴が開いている、ニキビが出来やすい、などの肌状態でした。そのため通販でニキビ用の化粧水を購入したり、有名メーカーの洗顔石鹸を買ったり、かなり高額な美容液を買ったりと、10年ほど試行錯誤を繰り返していました。
しかし30歳を過ぎた頃から、職場や職種が変わったことで毎日化粧もしなくなり、面倒だという気持ちと「もうオバサンだし」という諦めで、あまりスキンケアに力を入れなくなってしまいました。具体的には、朝の洗顔は水洗いだけ、夜お風呂のついでに簡単に洗顔、ドラッグストアなどで売られている安価な化粧水の使用、乳液は使ったりサボったり、美容液やパックなどはし無し、といった感じです。

簡単な手入れに変えたばかりの頃は肌がカサつくことも多く、たまに化粧をしても化粧のりが悪くて、やはりスキンケアは大事なんだと思っていました。けれどそんな生活を1年ほど続けていたところ、段々と毛穴が目立たなくなり、ニキビなどの吹き出物が出来なくなり、肌のトラブルが格段に減ってきました。

肌質というものは人それぞれですので、手入れの方法も人それぞれ合うもの合わないものがあるのだと思います。私がトラブルが多かったせいで必要以上に手をかけていましたが、お金をかける、手間をかけることよりも、自分に合ったスキンケア法を知ることが大事なんだと思いました。