化粧崩れに有効な方法

朝、シルキーカバーオイルブロックを使わずに化粧をしてでかけてもどうしても時間がたつにつれて崩れが気になってきます。
化粧崩れを少しでも改善するために心がけていることはまず朝の保湿とシルキーカバーオイルブロックというような下地を使うことです。
朝の洗顔後の化粧水と乳液に加え、簡単にパックをします。これで水分が皮膚に浸透するので皮脂や乾燥による化粧崩れが少しは軽減されます。
朝と言うとあまり時間がないので、洗顔後他の作業をしながらパック、そして化粧という順番で行います。
昼間、冷房や暖房など特に乾燥しやすい環境にいたり、夏の時期だと汗で化粧よれがどうしても発生します。
少しの崩れであれば、軽くティッシュやあぶらとり紙でうきを抑えてルースパウダーをつければ応急処置ができます。
でも、大幅に崩れてしまった時は乳液や化粧水の小さいボトルを化粧ポーチに忍ばせておいてコットンで軽く拭きとります。
その後ティッシュとあぶらとり紙で軽く整えて、パウダーファンデーションをつけて応急処置をしています。
皮脂はとりすぎるとまた出てきてしまうのでとりすぎないように日々気をつけています。

スキンケアも慎重になる敏感肌

最近は、化粧水や美容液など基礎化粧品やパックでスキンケアするだけでなく、キレイ・デ・プラセンタのようなサプリメントあるいは液体ドリンクでスキンケア機能を持っているのも少なくありませんね。

ただ、敏感肌の方は、数多くあるスキンケアアイテムの中から、自分の肌に合って問題なく使えるものを見つけ出すのは至難の業のようです。人によっては、合うものが見つからずにメイクを諦めている人もいるようです。

ある敏感肌の方は、キュレル皮脂トラブルケアシリーズの化粧水と乳液が刺激を感じずにおすすめといっていました。そして乾燥してると感じたときは化粧水を馴染ませた後にコットンを乗せパックみたいにすると、乾燥から回避できるそうです。

また寝る前もしっかりパックして、その後に乳液を塗るとニキビなど肌トラブルを起こしにくく、肌の調子も良くなるそうです。

キュレルには肌バリア機能を持つセラミドが配合されているので、敏感肌でも使いやすいそうですね。

キレイデプラセンタはどう?